Web Editionsince1990
 
 
 
 
 
このホームページは印刷発行している
文芸同人誌「青い花」のインターネット版です
(作品鑑賞はトップページにある各号の葉をクリックしてください)
 
 文芸同人誌「青い花」は、北海道教育大学函館分校国語科近代文学研究室、平成2年度卒業生のメンバーが中心となって、同研究室で以前発行された同人誌「カラ元気」を基に、1991年3月に創刊された文芸同人誌です。
 小説やエッセイ、詩歌はもちろん、評論や戯曲にいたるまで、
「この同人誌は、その同人全てが何物にも束縛されず、全く自由な発想で思うがままに文芸を楽しんでもらうために作られたのだ。」
 という精神でスタートしました。
 企画してから25年が過ぎ、現在も年一回の発行を守り続けている本誌は、同人も創刊時の同窓同人9名から、購読者・一般同人も含めると全国70名以上に膨らんでいます。
 そんな中で、わたしたちは「青い花」を電子化し、こうしてホームページとして公開することにしました。この機会に、より多くの人に「青い花」を知ってもらい、ご参加していただけるのではないかと期待しています。
 文芸創作に興味のある方は、どうぞ気軽にご連絡ください。あなたの参加を心からお待ちしております。
 
 
 
 
 
 
 
 
お知らせ・更新履歴 2017・5・6更新
・文芸同人誌青い花第27集、完成しました。ただいま発送中です。同人の皆さんはお手元に届きましたなら、参加費納入のほうをよろしくお願いします。
・本誌への問い合わせ等は、本誌事務局へのメールでご連絡ください。(青い花事務局/編集スタッフへのアドレスはこのページの一番下↓にあります。)
・当ホームページでは、このインフォメーションコーナーに掲載するエッセイを募集しています。期間は1〜2ヶ月ほど掲載します。くわしくは本誌事務局までご連絡ください。
What's New
  í事務局の窓(青い花事務局/編集スタッフ 2017/4/28)
  íマンスリー・エッセイ「今月のざれごと」(あとがきにかえて/宮川高宏 どこへでも出かける郵便ポスト/岩永博史 2017/5/6)
 
 
 
 
 
 
 
 
新刊紹介
最新号 青い花第二十七集
2017年4月発行予定 頒価1500円
○「巻頭の書」は齊藤賢一氏。「巻末エッセイ」は中村敏彦氏。
○グラビア掲載の小番阿子さんが初寄稿。グラビア作品とリンクしており、巻末で本誌の最後を飾っていただきました。また「巻頭の書」担当の書家、齊藤賢一氏も特集に寄稿。アーティストの文章をお楽しみください。
○「中入り」はスポーツ特集。福井美由紀さん、松田一幸氏も久々の寄稿他、能瀬明氏の伝説の作品も再録!
○一般同人の岩永博史氏、杉山和人氏、野村幸輝氏のレギュラー陣他、体阿弥順一氏が初寄稿。ありがとうございました。
○連載「巻末エッセイ」は中村敏彦氏の「親父学」。古き良き昭和のお父さんとの心温まる交流。20代前半からスタートした本誌同人の皆さんも今やアラフィフ。親のこと、親とのこれからのこと、いろいろ考えさせられます。
 
 
 
 
 
 
 
 
寄稿要領・HP案内(CONTENTS)
●文芸同人誌「青い花」は、いつでもあなたの参加をお待ちしております。寄稿または購読希望(バック・ナンバー含む)のお知らせは、こちらへ
●「青い花・周辺のヨミモノ」(本誌に関係する印刷発行物)は、こちらへ 
●「全国焼き物ベストセレクション」のページは、こちらへ
●HP「文芸同人誌案内」は、こちらへ。
 
 
 
 
 
 
 
 
事務局の窓[5月]〜 青い花事務局/編集スタッフからあれこれ(更新4月28日)
 本誌同人の皆さん、こんにちは。GWを前に4月の年度始め業務は一段落ついたでしょうか?
 本誌27号、無事完成いたしました。今回もたくさんのご寄稿、本当にありがとうございました。あまりに寄稿が多く、ボリュームも満点で厚くなり、製本代、高くつきました・・・。参加費のほう、どうかよろしくお願いいたします。
 25号から参加してくれている小番さんが私小説を寄稿。現在の沖縄での暮らしに至るまでの体験を綴っております。文末には同期への感謝の言葉も。思わず熱い気持ちになり、装丁をハイビスカスにし、「沖縄阿子ちゃん号」に仕上げました!(笑)
 スポーツ特集は、能瀬の過去作品を掲載。さすが読ませますね。20代後半の作品ですが、見事です。私と福井さんは日ハム愛です(笑)。
 さて、明日からGW。昼夜寒暖の差もまだありますので皆さん体調管理に気をつけてくださいね。交通安全もよろしくお願いします(口癖になってます・笑)。
 私のほうは・・・、初めて神様に会ってきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
今月のざれごとマンスリー・エッセイ
   あとがきにかえて〜木古内町教育研究所H28研究紀要あとがき
                          宮川 高宏(本誌編集長)
 幼稚園の頃、母の勧めでピアノを習い始めた。ヤマハピアノ教室。
 ぼく自身はまったくやる気がなく(たぶん母が、自分が子どもの頃に出来なかったことをやらせているんだろうと)、週一回のレッスンもめんどくさければ仮病を使って休んでいた。講師は柔和な若い女性の方で、先生のことは好きだった。
 小学校高学年までは他の習い事(当時はソロバンや習字が多かった)とたいして変わらないと思っていたピアノだが、中学校に入って様子が変わった。「男のくせにピアノ?」とバカにされ、「ピアノ、ピアノ(笑)」と級友や運動部の先輩らにからかわれた。男のくせにピアノを習っていることを恥ずかしいと思うようになった。止めようかと思った。
 しかし中2のぼくは、その時、ポール・マッカートニー(ビートルズ)と出会ったのだ。ポールは自分でピアノを弾きながら、「レット・イット・ビー」を歌っていた。
 カッコ悪いと思っていた事が180度変わり、それはこの上なくカッコ良かった。
 新しい価値観。それを教えてくれた人。
 
 そして、さらに振り返ると、多感な思春期の時期、家族やクラス、部活動、いつもの友人らとは全く違った、静かで静謐な空間で先生と二人、音楽と向き合う短い時間は、悩み多き中学生時代のぼくにとって、一種のカウンセリングだったのだなあ・・・と、この歳になって思ったりする。
 成長のために大切な時期の共有。静かに成長を見続けてくれた人。
 
 ピアノは高校まで続けた。
 
 あこがれの人にシビレるような感化をされたり、あとになってその人の影響をジワリと感じたり。「先生」というのは、そんなものなのだろう。
 
 「教育、始めに人ありき」。初任の時の校長先生がよく言っていた言葉だ。
 かくいうぼくも、音楽、文学、旅、子育てなど、ぼくに「感化」されたという教え子はけっこういる。
 「教育には、あこがれにあこがれる関係づくりが大切である」とは教育長さんの言葉だ。この町研の活動の中でも、若い先生たちがミドルやベテランにあこがれる関係が、小中連携の中で少しでも培われればいいなあと思う次第である。
 
 
   どこへでも出かける郵便ポスト(童話)    岩永 博史(本誌同人)
 田舎の郵便ポストに、ポトンと手紙に投げ込まれました。
お腹の中へ入った手紙がポストに話しかけました。
「お友だちからの手紙ですよ」
読んでみました。
「お元気ですか。わたしはいま海の見える丘の上に立っています。一度遊びにきませんか」
さっそくポストは仕事のことなんかすっかり忘れて、テクテク歩いて行きました。
海が見えてきました。丘の上にポストが立っていました。
「やあ、ひさしぶりだね」
「きみも元気そうだね」
丸一日、友だちとおしゃべりをしたり、浜辺で釣りをしたりして帰ってきました。
 あるときは、山の湖のほとりに立っているポストからも手紙が届きました。
「御無沙汰しております。こちらへも遊びにきませんか」
 ポストはまた出かけて行きました。
山を登って行くと、見晴らしのよい高原が見えてきました。湖のほとりにポストが立っていました。
「きれいなところだね」
「空気もおいしくて新鮮さ」
小鳥のさえずりを聴きながら、ボートに乗ったり、温泉に浸かったり、のんびり過ごして帰ってきました。
 またあるときは、町の映画館のそばに立っているポストからも手紙が届きました。
「面白いSF映画を上映してるから観に来ないか」
さっそく出かけて行きました。
ポップコーンを食べながら映画を観て帰ってきました。
 そんなふうにいつも気ままにどこへでも出かける郵便ポストだったので、村の人たちや郵便配達人は困ってしまって、
「どうだろう、あちこち出かけないようにロープでからだを縛ってしまおうか」
とみんな真剣に考えていました。
 
ひろくん童話館⇒ http://fanblogs.jp/hirokundouwakan/
群馬コンサート日記⇒ http://hiroshi51i.seesaa.net/
岩永博史You Tubeチャンネル⇒https://www.youtube.com/channel/UCeo42YyAI2LzaCtmcKtEKxQ
 
 
 
 
 
 
 
 
青い花事務局/編集スタッフ
野呂智幸、米谷 優、山修司、武内美香、宮川高宏
ghq_rock@hotmail.com
発行人
野呂智幸
監修
男山克弘
 
 
inserted by FC2 system